スポンサーリンク

ブロックが見えない時にアタッカー(スパイカー)はどこを狙って打つべきなのか?

アタック(スパイク)
この記事は約2分で読めます。

アタッカーは打つべき場所へコントールが最重要

なぜ、打つ場所へコントロールが必要なのか、それは、ブロッカーにブロックされない事が最重要で、そして、レシーバーが一番取りにくい場所を選ぶべきである。
また、アタッカーによっては思いっきり打って「なんとかなれー」的な感じで打っても正直それは賭けであり、冷静に考えて攻撃してるとは言い難いため、私はあまりおススメしない。
では、どこへボールを打ち込めば良いのかを考えてみた。

私が推奨する場所はここである。エンドラインギリギリを狙う。
ここを狙うって事は、ブロッカーの上を抜ける事もあるし、ブロックに当たっても相手のブロッカーの手のひらに当たるため、ドシャってブロックされる事は少なく感じる。また、上を抜くなら7割から8割ぐらいの力で十分なため、コントロールを重視する事が重要だ。そして、レシーバーとしては、エンドラインギリギリのため、アウトなのかインなのか、更には、ワンタッチしてるのかどうかと、2つの判断材料に悩まされる。その為、特にブロックが見えない時や、トスがネットから離れている場合などに狙う場所としては、ものすごく効率的である。またネットから離れての攻撃に関しては、相手側ブロッカーもブロックするかどうか悩む所である。味方からブロッカーいるかどうかの情報を声で教えてもらったりすると更に有効的な攻撃が出来る。

アタッカー(スパイカー)がやってはいけない事。

スパイカー(アタッカー)で特にレフトスパイカーに関して言うと、絶対にやってはいけない事が私はあると思ってる。それは、下に叩き落とすって行為だ。下に叩き落とすとどうなるのかと言うと、簡単に、ブロックの餌食になる。クイック攻撃で左右打ち分けれる状態でアタックを打つなら、ブロック見て、打ち分ければ良いのだが、レフトスパイカーに関しては、ほとんどの場合、2枚のブロックが付いている事が考えられるため、下に叩き落とす=ブロッカー目掛けて打ってるって事に変わりはない。

また、下に叩き落としたいのであれば、ブロックがない、超インナーにアタックを打ちこむべきであるが、これには、上手いレシーバーが居ると綺麗にミートしたボールは難なく拾われるリスクがあるし、そう何度も狙えるトスが上がってくるかって考えると早々ないと思う。

なので、どうしても決めたい場面などは、やっぱりエンドラインギリギリを狙うべきである。

まとめ

強いスパイクを打とうとして、決して下に叩き落としてはいけない。
また、超インナーに打つ際にもリスクは存在する。
相手のレシーバーが悩むような攻撃をするべきである。
そして、コントロールとミートを意識し、日々打ち込んで練習を行うべきである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました