スポンサーリンク

30代後半~40代がバレーでもソフバでもケガをしないためにやる事

ソフトバレーボール
この記事は約2分で読めます。

最近、歳を重ねるごとに思う事がある。自分の体が自分の思う通りに動いてくれないのだ。
実際35歳ぐらいまでは、何かと無理が出来たし、体も結構良い感じに動いてくれてたんだけど、もう40歳手前になると、体が自分の思った通りに動いてくれない。

ストレッチ

スポーツする前のストレッチには、そのスポーツで使う部位を反動を付けながら行いましょう。ただ、無駄に伸ばしてるだけでは、パフォーマンスも落ちる事もありますので注意が必要です。

1つの部位にだいたい10秒から15秒程度にしておきましょう。
また特にバレーボールは、太もも、ふくらはぎ、肩などは念入りに行ってください。

ウォーミングアップ

ストレッチが終わったら、ウォーミングアップです。まぁ一番簡単なのは、スキップ・サイドステップや折り返しダッシュなど、実際にバレーボールで行う動作でウォーミングアップすると使う筋肉も温まりますので良いと思います。

筋トレ(筋肉トレーニング)

ここでは筋トレが必要な年齢になったよってか基本スポーツするなら筋トレしておいた方が良いけど、更に歳を重ねるとした方がいいと思います。

筋力の低下はおよそ40歳ぐらいから低下すると言われております。
ちょうど私の年齢ぐらいからです。ほんと素直な自分の体になんと言ったら良いのか分かりませんが、
筋トレもしないといけないと思った瞬間でもあった。

筋トレに関しては、しっかり追い込んだ部位は、2日又は3日に1回ぐらいの頻度で行いましょう。

ここではあまり深く筋トレの事は言いませんが、筋トレをするならまずは、スクワット・ベンチプレス又は腕立て伏せ、腹筋、背筋などを主に鍛えましょう。この部位に関しては、3大筋肉の胸、太もも、背中を鍛えるだけでも価値はあります。

体幹トレーニング

体幹トレーニング、これは軽く説明すると、体幹とは、大きくいうと「胴体」
背骨を中心として、胸・背中・腰・お尻部分の内側の筋肉、まぁインナーマッスルって簡単に覚えておいて問題今の時点では問題ないかと思います。

この体幹トレーニングは本当に良いです、筋トレするよりもこっちが優先かもしれません、自分の体が自分の思うように少しでも実感できるのが体幹トレーニングだと私は思ってます。

まとめ

練習前はしっかりウォーミングアップしましょう。そして、ストレッチは動かす部位を意識して反動をつけてやると効果的です。
普段から体を鍛えたり、心肺機能を高めたりも意識出来ると思いますので、大好きなバレーボールがいつまでも出来る体を無理のないように維持しましょ。はぁ書いてるうちにバレーしたくなってきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました