スポンサーリンク

ソフトバレーボールでアタック打つ時のコツと3つの方法

アタック(スパイク)
この記事は約3分で読めます。

今回は、アタック(スパイク)をソフバ(ソフトバレーボール)で打つ際のテクニックを3つ程お伝えできればと思いますので、参考にして頂ければと思います。

アタック(スパイク)は緩急が必要です。フェイントも軟打も強打も使い所では十分に威力を発揮します。

ボールを打つ

これが一番ノーマルな打ち方です。
まずはこれは誰でもやってる事であるが、しっかりとボールを打つこです。
ボールの真ん中よりやや上の辺りを手のひらで打つことで、ボールをコントロールしてエンドラインや、インナーやストレートに打ち分ける事を意識しましょう。

ボールを横から見た図

下を叩くと、ボールが浮き上がってしまい会うとになる事も多いし、上を打ちすぎると、ブロックに当たってしまう事も多いので、最初は7割ぐらいの力で、エンドラインギリギリにアタックを打てるように練習を行いましょう。また、ストレートとクロスの内訳は、基本ボールを叩く場所はほぼ変わりません。変わるのは、腕をどこに下ろすかって事ですので、打ちたい方向に腕を振るだけで、コースの内訳が可能です。

ボールを突く。

これに関しては、ブロッカーを無力にする力を発揮する程、得点力が上がる打ち方だと自分は思っております。エンドラインやサイドラインのコーナーに向けて、手首だけを使ってボールを突くイメージで打ちます。

突く際は、手のひらを使わず、すべての指先をボールに当てて、手首を返して打つイメージですね。
打点の高い人ならブロッカーの上から打つことが可能ですし、ブロッカーが同じ打点なら間違いなく上からブロックを抜くことが可能でしょう。
少しわかりにくいと思うので、下記動画を参照してください。

ジャンプして、手は伸ばしたままで、手首のスナップだけで、エンドラインやコナー目掛けて打つと良いです。またブロックの上から打てる場合も多いので、レシーバーは基本ブロックが無い所に構えてることも多いので、ブロックの後ろ側のエンドラインなどにボールを運べると得点しやすくなります。

ボールに回転をかける

これは、以前サーブでもお話ししたと思いますが、ソフトバレーボールは柔らかいボールを使いますので、サーブでも利用できるならアタック(スパイク)でも横回転、縦回転、逆回転のアタックも打つことが可能です。但し、逆回転は間違えば、アウトになる事も多いので注意が必要です。
私のおススメは、横縦回転のボールを打ち込む事です。

ボールの横を叩くイメージですが、縦回転も付与したいので、少し上の横辺りを叩くイメージでしょうか。

ボールを正面から見た図

まとめ

アタックを打つ人は、最低でもこの3つは習得するように致しましょう。
打てる打てないでは、ここぞって時に、得点できませんし、ブロックが上手い人達を欺く事も出来ないので、ただ我武者羅に強打を打ち続けて、ラッキーで得点出来たとしても、試合に勝てる事があまりない気がします。そして、自分が思った通りに打てて、思った通りに得点出来た時の感動は本当に気持ちいいものです。一度お試しください。もっとソフトバレーボールが楽しくなるに違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました