スポンサーリンク

初心者が練習すると良いアタック練習は?どうしたらアタック(スパイク)が上手くなる?

バレーボール
この記事は約3分で読めます。

今回は、アタック(スパイク)についての練習方法をまずお伝えします。

バレーボールと手と足をまずは別々に練習を行う

手の練習方法

まずは、手だけを練習を行います。
右利きの人は、しっかり左手を上にあげて、右手を振り下ろす練習を行いましょう。ここで、問題は打つ方の二の腕は、耳にしっかりと付くようにして、上げて素振りの練習を行って下さい。そして、肩甲骨をグッと上げるイメージで素振りしましょう。

素振りでフォームを確認しながら、何度も何度も行い次に、タオルを持って行いましょう。
タオルが「ブン」って音がするように、自分の体を鞭のように使い、しっかりと、腹筋と背筋を使いながら行います。

ここまで出来たら、次にボールを壁に向かって打ちましょう。
壁打ちに関しては、下記の画像を参考に行って下さい。
ボールがキッチリ、自分のところに戻ってくるところを打って何度も繰り返し行えるようにしましょう。

次に足のステップについて、学んでいきます。

ここでは、自分の助走を最大限生かせる方法とそれまでにしっかりとしたステップについてお伝え致します。このステップに関しては、ボールを捉える為に必要なので、かなりの練習量が必要だと思って頂いて構いません。なんどもトライ&エラーを繰り返し、体に会得していきましょう。

まず、右利きの人は、左足を軽く前に出して、右足・左足と順に出してジャンプしましょう。
良く教える人で、右、左、右、左でジャンプって言う人もいるかもしれないが、初心者のうちは、2歩でジャンプする事を学び、その後右左右左で足を出していき、ジャンプする事を練習しましょう。
ではここで、足運びの悪い例と良い例を紹介します。

画像のようにしっかりと、良い例になるように心がけましょう。そして、良い例に関しては、基本両足の親指付近に体重がのっていれば問題ありません。そして、何度も繰り返した後、次はボールを実際に使ってアタック打つ事を行います。

Aクイックで練習を行う。

Aクイックで練習を行う理由

なぜAクイックで練習するのかと申しますと、初心者の方は、ボールに合わせてジャンプするって事が難しい場合がありますし、変な癖が最初からついてしまっては元も子もありません。
ですから、ジャンプしてそこにボールが来るって事で、手と足の連携を学んでいきます。
分かりやすく言えば、アニメ「ハイキュー」の変人速攻と言われるやつですね。
ボールが上がる前に飛んで、そこに合わせてボールを打つ作業の練習を淡々とこなしていきます。

この時に意識する部分は、まずはステップ。そして、左手を上げて、右手で打つ作業を淡々とこなして、もし、上手く打てない場合は、手の練習や足のステップなどに何度も戻り、トライ&エラーです。

一度、身に付くと、結構簡単にアタックが打てるようになるでしょう。そして、徐々に、ボールを上げてもらって打つなどを繰り返しながら、ボールの下に入って打つ技術などを磨きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました