スポンサーリンク

バレーボールで重要なポジション

この記事は約2分で読めます。

そりゃ大エースがいるなら、エースでしょ!若しくは言い方変えてみただけだけど、スーパーエースでしょ。最強じゃない?

アタッカー?

まぁ正直、スーパーエースが居ても、飛びぬけてチームにそういうアタッカーが居てもチームスポーツなんで勝てないです。レシーブ・トス・すべてが同じように供給されてこそ、スーパーエースが生きて来て強いチームが出来るんです。

レシーバーかな?

確かにレシーバーは重要なチームの守りの要ですよね。
でもどれだけ上手いレシーバーでも、7割セッターにボール返せれば良いほうだと僕自身は思ってますが、レシーブした人はわかると思うんですけど、セッターにキッチリ返せず、相手コートにボールが返ってしまうのと、自陣の上にボールを上げるのだと、どちら方が良いと思いますか?
僕は自陣の上にボールを上げるレシーバーがいいです。無理にセッターに返そうと思うあまり、敵陣コートに返ってしまうのは本当最悪ですね。自分達の攻撃をやらずになんか損した気持ちになります。

結論

アニメや漫画で有名な「ハイキュー」ここで出てくる天才セッター影山飛雄くん。

セッターが上手いチームは強いんです。正直、ハイキューの影山くんみたいなセッターは僕は出会った事が無いけど、強いチームってどこもセッターが上手いんです。上手いって言うより安定してるんです。

なぜ強いチームのセッターが上手いのかって、セッターが上手いから強いんです。

さっきも話しましたがレシーブを100%セッターに綺麗に返せることは難しいんです。

そんなアタックレシーブやサーブカット、乱れる事がよくあると思うが上手いセッターってどこからでも同じ高さ同じ速度のトスが上げれたりする。

ネットから離れててもBクイックを使ったり、きっちりセッターに返らなくも多彩な攻撃が出来てしまうんです。

また、サーブカットが綺麗に返っても、セッターが安定していないと、アタッカーは自分の持ってるパフォーマンスを最大限出せないんです。

また、スーパーエースが居る所のセッターに関しては、スーパーエースに打ちやすいようにどこからでも上げれる練習をしてるので、これまた安定感が半端ないって事ですよねー。

ソフトバレーボールもバレーボールもどっちもやっぱり重要なポジションは僕はセッターだと思います。チームで1番上手い人がやるポジションってイメージです。

少しだけ訂正、あくまである程度基礎があるバレーボール、ソフトバレーボールチームでの話で、初心者等ではまだまだ、基礎段階のチームなどは、レシーブ練習しっかりやりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました