スポンサーリンク

トスをあげる時に少しだけ溜めるてからトスを上げると、時間差攻撃が効果的になる。

バレーボール
この記事は約3分で読めます。

さて今回は、セッターが時間差攻撃を有効に使う時に、少し工夫すると相手ブロッカーが引っかかりやすいトスの上げ方について少しお話ししたいと思います。
このトスを上げる方法だけど、主に6人制や9人制向けに作っておりましが、ソフバ(ソフトバレーボール)でも有効ですので、ソフバ勢の方々は参考程度にご愛読頂ければ幸いです。

時間差攻撃とは?

まず時間差攻撃とは、AクイックやBクイックなど速攻と言われる人を囮にして、他のアタッカーがブロックがいない又は、ブロックを1枚や1枚半にして攻撃をする事により、より得点を上げやすい攻撃方法である。その為、いかに囮を有効的に使うかをセッターとしては考えなければならないし、囮にばかり使ってると、囮の効果がなくなってしまうので注意が必要です。

セッターは癖をなるべく無くせ

セッターは、常にどこにトスを上げる際も同じ位置でボールを手に納めなければならない。例えば、バックトスを上げる際に、いつもより、ボールを頭の後ろ側でキャッチしてあげる人が居るが、これでは、すぐにライト側に上がるだろうって予測が出来てしまうので、常におでこ前でボールをキャッチする事を念頭に入れて行こう。

もし、現在癖がついている人がいるとするなら、ボールをキャッチする際に必ず、右手をおでこの前に固定して、ボールをキャッチする練習するべきであると思う。

デスブロックとリードブロック

まず、効果的にブロックを囮に飛ばせるには、相手がデスブロッカーなのか、リードブロッカーなのかも重要である。

デスブロックとは?

デスブロックはブロッカーの感覚で、ここに上がるだろうで飛んでくるブロッカーでやたらと感が良いブロッカーである。その並外れた嗅覚で、ブロックをバンバン決めてくる。このようなブロッカーがいる場合はセッターはこのブロッカーの感を鈍らせたり、相手が嫌がる攻撃をする事によりブロッカーの翻弄するべきである。

リードブロックとは?

リードブロックとは、トスが上がってからブロックに飛ぶブロッカー達で組織的にブロックに飛んでくるブロッカーである。ただ、このブロッカーが反応しにくい攻撃や反応できない攻撃で攻撃を何度も繰り返してくると、心理的にリードブロックを崩せる事もあるので、トス回しが重要である。

ワンクッション遅らせる?

デスブロッカーやリードブロッカーの事がある程度わかった場合でもやる事は同じである。
有効に囮を使って時には囮に打たせてマークさせる事が重要である。特に背が高い選手がいるチームや絶対的エースがいないチームは、コンビバレーを絶対にしないと、先に進めない事は言うまでもない。

その為、セッターもアタッカーがいかに楽にアタックを打てるかを考えると、トスを上げるタイミングも相手ブロッカーがブロックを飛ぶ時に見ている材料なので、そこにも手を入れるべきである。

少しボールを手の中に入れる時間を取ってあげたり、手の中にボールを入れずに即座にトスを上げたり、ブロッカーのリズムを崩すのもセッターのお仕事だと自分は思っている。
そしてセッターとして、一番プレーしてて楽しいのが、相手のブロッカーがまったくいない状態で
味方がアタック打つ場面をどれだけ作れるのかって事だと思いますので、もし今セッターをしてて
毎回味方がブロックさせるなど、問題がある場合は少しの工夫で変わってくると思いますので、一度試してみてください。

まとめ

囮を有効に使う事はもちろんのこと、相手のブロッカーがどのようなタイプのブロッカーなのかの把握、そして、自分の癖を最大限なくして、トスを上げる際に少し溜めてあげるなどの工夫をする事により更にブロッカーが悩むことを、トス上がる一球一球考えながらやれば有効な攻撃手段がドンドンと湧き出てくると思いますので、監督やコーチ、チームメンバーとしっかり意見交換をして、攻撃パターンをドンドン増やして行きましょう。特にセッターはこうしたいって事をしっかりアタッカーに伝える事もセッターの大切な仕事ではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました