スポンサーリンク

ソフバ(ソフトバレーボール)のサーブカットはオーバーハンドパスで行うべきである。

ソフトバレーボール
この記事は約2分で読めます。

ソフトバレーボールは基本サーブカットの際のダブルコンタクトは一連の流れの中であれば反則にならないってルールになっている。でなぜオーバーハンドパスでサーブカットした方が良いのって理由についてお話していければと思っております。

不規則な回転でアンダーパスではコントロール出来ない。

まず、一番にボールが柔らかく大きいので、通常のバレーボールと比べるとボールのコントロールがアンダーパスでは難しい。そして、ソフトバレーボール特有のボールの不規則な回転をかけてくるサーブやアタックなどが複数ある事により、ボールを弾く可能性が非常に高いためである。

どうすればオーバーハンドパスでサーブカット出来るのか

では実際にどうやったらオーバーハンドパスでサーブカットが出来るのかって事なんですけど、ものすごい早いボールが来て咄嗟の判断でもオーバーで取れるようになるには、1番大切な事は姿勢です。姿勢が高いと、低いボールに対して、ボールの下に入るスピードが遅れる為、常に低い姿勢を保っている必要があります。そしてボールを予測ししっかりとボールの下に入ってサーブカットをしていけば自ずと、オーバーでも簡単にソフトバレーボールはサーブカットが可能になります。

また、後衛がレシーブで取るようなボールは基本前に居る人がオーバーで取ってあげるのが良いです。後衛にボールが行く場合は、前衛でもオーバーでは取れないボールなどを後衛に任せるべきで基本前にいる人がオーバーで対応しましょう。

どうしてもオーバーで取れない場合は?

どうしてもオーバーで取れないボールは実際に存在するし、それをオーバーでなるべく取るって事なので、絶対的にオーバーで取らないといけないって訳ではない。しかし、オーバーで取る為にポジショニングやチーム内での取る取らないのコミュニケーションは必須。

そして、後衛のレシーバーはサーブカットの際は必ず取ろうとしてる人のフォローに入る事が重要。
取ろうとしてる人がどんな動きをしようが、自分のところに来ると思ってただボールだけを見て反応すればいい。

取れない場合はアンダーでも構わないが、オーバーでなるべく取るって事を頭に入れているだけで、動きも変わるし、それだけでサーブカットの成功率は高くなると思います。

まとめ

今回は、ソフトバレーボールでのサーブカットはオーバーハンドパスの方が良いって事をお話ししましたが、実際にやってみるとオーバーの方が安定すると実感できると思います。横回転や縦回転をオーバーでしっかり回転を殺してセッターに返すこの意識が大切です。但し、先ほども言いましたが、オーバーで絶対取らないではなく、なるべくオーバーで取った方が良いって事だけを頭に入れておいてもらえるぐらいで丁度良いのかもしれません。

コメント

  1. ユズピン より:

    はじめまして。
    初めて拝見させてもらい、コメントさせていただきます。
    今年39歳になりますが、約3年前からソフバ初めてドはまりしてます。
    とても参考になる記事ばかりでした。
    今後の記事も楽しみにしてます☆

タイトルとURLをコピーしました